他社と一緒に働く=コワークを進めて見えてきたこと 【野瀬正一氏@シンガポール】

コワーキングオフィス「SQEA@ORCHARD」を立ち上げて4か月、オフィスの運営だけでなく他社と一緒に働く=コワークを推し進めてきて、我が社の業務は格段にレベルが上がったと思っています。
おつきあいする他社の方々と、クライアントと下請け、発注者と受注者のような上下の関係でなく、パートナーとしていかに組んでいくか。そして互いに感謝しながら仕事を進められるか。
これは私にとって「深い」取組みです。

コネもノウハウもないところから一人で事業を立ち上げて、クライアントを得て「いいお客さんを得た」とか「自分が皆様を手伝えるんだ」など、初期はそこまで到達するのも大事ではありました。
しかしさらに一歩進めて、互いに摩擦しながらでも協力し合っていく。そこまで関係を昇華させるのは、我々ベテランの社会人でも簡単なことではないでしょう。むしろ、下手に人と組んだら揉めるのが世の常。実績のある経営者とであればなおさらです。
でもあえてそこに突っ込んで世界を広げたいと思い、コワーキングオフィスを立ち上げました。

もし他社とのコワークを考えずに自社だけで仕事をしていたら、いまだに前オフィスで細々やっていたでしょう。今一緒にやってくれているパートナーさんは、目先の損得考えずに、私と死ぬまで一緒に仕事したいと言ってくれています。完全アウェイの外国で、嬉しい限りです。

シンガポールで事業をやっている性格上、クレームを付けたり交渉することもありますが、私がここで学んだのは、決して心の中で他人を切るということはしない。 他人を切る人間は自分も切られる。その人の世界は広がりません。
だから、もっと多くの方と一緒にやっていきたいと強く願っています。
その甲斐あって、最近は大きな実績のある経営者の方々とも、共に働きましょうというお声掛けを頂くことが増えてまいりました。
オフィスに入居頂いている方々も互いに交流が増え、コミュニティが出来つつあります。協業の話も出ておりこれからが楽しみです。

思い起こせば、元々起業して1人を謳歌していた私のところに、去年社員が飛び込んできて、クライアントも増えてきて、責任が増えるにしたがって真剣に事業の成長を考えるようになりました。
外国では信頼できる人を見つけるのは難しく、ビザの関係もあり信頼できる社員を増やすことも大変です。そんな中で、他社と本当の意味での信頼関係を築いて事業を進めることは、事業拡大に不可欠、かつ示唆に富んだ取り組みとなっています。

著者紹介

野瀬 正一氏
WCC SOLUTION PTE. LTD.代表

野瀬正一氏

シンガポール永住権保持者
早稲田大学卒業後、東京で飲食店経営や人材ビジネスなどに携わるも、ことごとく逆風に遭う。
時代の流れには逆らえぬとアジアに出ることを決意し、シンガポールに渡る。
現在はコンサルタントとしてシンガポールへの進出サポートおよび店舗開店支援、また実業としてレンタルオフィスや店舗経営などをおこなっている。
50社ほどのクライアントと日々シンガポールおよびアジアマーケットに挑戦中。

コメント


認証コード0440

コメントは管理者の承認後に表示されます。