台湾ワーホリ日記第三弾!!!

インターン先を探すのに苦労した大学3年の冬。。。

みなさん、こんにちは。
今泉です。

とうとうインターンを開始して2ヶ月目に突入!!
先日、いよいよ仕事ぶりが台湾人スタイルになってきたぞ、と言われるほど
台湾になじめるようになりました!


台湾人スタイル...
まあ正確さがなく、無責任なスタイルですね
(もちろんそうでない台湾人も沢山いらっしゃる)。


激しく反省...泣
 

やっぱり”慣れ”は怖いですよね。
ここで”慣れ”を越えて成長してく必要があるんだ、
と心を入れ替えておきたいです!


いまはこうして台湾で働くことができていますが、
インターン先を探していた当時は色々と悩みました。

あの頃、大学3年の冬、周りの友達はみんな就活モードに突入...

  1. 彼女探しに必死だったAくんは、企業探しに!
  2. 似合わない金髪をしていたBくんは、黒髪、スポーツ刈りに!?
  3. 合コン大好きだったCくんは、合同説明会に!!
  4. 化粧ばっちりだったDちゃんは、もう誰だか分かr 汗

みんな変身してしまった...

画像の説明

周りは就活モード...
やはりある程度のプレッシャーは感じました。
しかし後悔はしませんでした。

さて、インターンについて少ない情報しかなかった私は、
当初○十万するプログラムに参加する予定でした。
よくあるホテルへのインターンです。
給料もあり、ホテルの一室で寝起きできます。

しかし聞く所によると、
こういったインターンは優遇が良いけれども、
実際の仕事内容は日本人客への対応ばかりで
あまり外国語は上達できないし、業務もカウンターばかりらしいです。
将来観光業に携わりたい方には良いかもしれませんが、
そうでない方は苦痛だと思いますし、時間がもったいないです。

そこで最初からインターン仲介業者を探し直した私は、
なんとか”AJITORA”という業者に出会いました。
彼らのおかげでなんとか今のインターン先を見つけたのです!!
詳しいことはまた次回!(笑)

きょうの中国語講座

きょうはいくつか電話中で、よく耳にするものを挙げて行きます。

  • 很高興為您服務 hen3gao1xing4wei4nin2fu2wu4
        これは、直訳すると、「あなたにサービスができて、とても嬉しいです」という意味で、カスタマーサービスに電話をかけた時に、まず最初によく聞く台詞ですね。
  • 分機號碼 fen1ji1hao4ma3
         これは、内線番号です。台湾ではたまに電話で聞いたことが間違っていることがあるので、相手の分機號碼を抑えておき、後で確認がとれるよう必ず電話した相手の名前と分機號碼を聞く必要があります。
    

自助餐の素晴らしさ

画像の説明
「バイキング、ビュッフェみたいな所で食事したい!」
「だけど、そういった所は高いよなあー」
「諦めよう。。。」

ご安心ください
台湾ではこんな会話ありえません

台湾では安くて、早くて、美味しくて、バイキング、ビュッフェ感覚のレストランがあります。その名も、自 助 餐!台湾のいたるところにあり、かなりの人気があります。好きなものを選べて、なおかつ安くて、美味しい^^

そして、持ち帰り可

素晴らしいの一言。




お問い合わせ

コメント


認証コード3862

コメントは管理者の承認後に表示されます。