ブログ

雇用主と労働者が休息日の出勤で合意したにもかかわらず、当日、労働者が体調不良により合意した労働時間に満たない段階で帰宅した場合、給与はどのように計算しますか?

QBlog-20170707-1 – LinkBiz台湾ビジネスコラム – 台湾で会社設立 台湾での起業を幅広くサポート|リンクビズ台湾 例えば労働者Aの月給が36000元、平日の時給が150元とします。 そして休息日の出勤について4時間で合意していたものの、体調不良により1時間のみの勤務時間であった場合、その計算方法は以下の通りです。 計算式: 150(平日の時給)×1と […]

従業員に対し、会議或いは教育訓練への参加を要求した場合、これらは労働時間に含まれますか?

従業員に対し、会議或いは教育訓練への参加を要求した場合、これらは労働時間に含まれます。 もし、会議或いは教育訓練への参加が通常労働時間外である場合には、延長労働時間と認定されます。 したがって、一ヶ月の延長労働時間が46時間を超過してはならない点に留意してください。 もし、会議或いは教育訓練への参加が通常労働時間内である場合には、特に留意すべき点はございません。 QBlog-20170703-2 […]

店舗の営業時間が15時から21時の場合、どのように休息時間を設定するのがよいですか?

QBlog-20170703-1 – LinkBiz台湾ビジネスコラム – 台湾で会社設立 台湾での起業を幅広くサポート|リンクビズ台湾 労働基準法第35条では、基本的に4時間続けて労働した場合には少なくとも30分の休息時間を与えなければならないとしており、この休息時間は通常労働時間には含まれません。 例えば、仮にA店の営業時間が15時から21時で、従業員の労働時間が12時 […]

労働基準法改正に伴い、法律違反による罰金にどのような変更がありますか?

法律違反による罰金については労働基準法第79条に規定があります。 罰金は違法状況の重さによって異なる罰金額が設定されています。 なお、最高罰金額は150万元になります。 以下は第79条の条文です。 ①以下の各号規定の行為に該当した場合、新台湾ドル2万元以上100万元以下の罰金に処する。 一、第21条第1項、第22条から第25条、第30条第1項から第3項、第6項、第7項、第32条、第34条から第41 […]

時給或いは日給のパートタイム労働者にも労働基準法における「休息日」の規定は適用されますか?

結論から言うと「はい」です。 労働基準法は学生アルバイトやパートタイムを含めたすべての労働者が法律によって保障されています。 したがって、仮にパートタイム労働者が法律の定める「休息日」に出勤するのであれば、「休息日」の出勤であることから標準給与と残業代の支払いが必要です。 以下ではあるレストランでアルバイトしているOさんの事例を紹介します。 Oさんは時給150元、週6日の固定出勤、一日3時間労働で […]

労働基準法の改正に伴い、労働者の休暇に関する規定にはどのような変更がありますか?

台湾の労働基準法では、労働者の休暇は3つの類型に分かれています。 1 休日 2 祝日 3 有給休暇 まず「休日」ですが、第36条に規定があります。 そこでは、「労働者は7日ごとに2日の休日があり、そのうち1日を定例休日、もう1日を休息日とする」とあります。 昨年末の労働基準法改正前は定例休日の規定のみでしたが、この度の改正で完全週休二日制が保障されたことになります。 次に「祝日」ですが、これは第3 […]

休息日における労働時間は、法律が規定する残業時間の上限である46時間に含まれますか?

休息日の労働時間については労働基準法第32条第2項が規定する「延長労働時間」にすべて含まれます。 そしてその「延長労働時間」は一ヶ月で46時間を超過してはいけません。 ただし、もし休息日における労働が「天災、事変又は突発事件」によって必要とされたものの場合、その労働時間は第32条第2項が規定する「延長労働時間」には含まれません。 では、具体的な事例を二つ紹介します。 例1 休息日の労働時間が6時間 […]

雇用主は労働者に給与明細を提供する際、どのような項目を記載する必要がありますか?

給与に関する条文は労働基準法第21条から第29条にかけて設けられていますが、新しい第23条では以下のように規定しています。 賃金の支払いは、当事者に特別な約定がある場合、又は月ごとに前払いをする場合を除き、毎月少なくとも2回、定期的に支払いをしなければならず、賃金各項目の算定方法の明細を提供しなければならない。出来高払いの場合も同様とする。 したがって同条文に基づき、雇用主は賃金の「各項目」の算定 […]

平日の残業代はどのように計算しますか?

労働時間について、労働基準法第30条では以下のように規定しております。 正常労働時間は1日8時間を超過してはならず、1週間で40時間を超過してはならない。 また、労働基準法第32条において、残業については以下のように規定しております。 延長労働時間と正常労働時間の合計が1日12時間を超過してはならない。 また延長労働時間は1ヶ月46時間を超過してはならない。 したがって、労働者が平日1日8時間、週 […]

「休息日」の賃金はどのように計算しますか?

労働基準法の改正に伴い、完全週休二日制の実現のため、「一例一休」が導入されました。 改正法では「休息日」にも雇用主は労働者の同意があった場合にのみ労働を要求できます。 ただし賃金については休息日は「残業」扱いとなるため、法律に基づいた賃金の支払いが雇用主には要求されます。 休息日の賃金については労働基準法第24条に規定があります。 条文では、以下のとおり規定されています。 第二項 雇用主が第36条 […]

>アクセス

アクセス

台湾威凌克股份有限公司
(ベンチャー・リンク台湾)
台北市中山區松江路158號8樓之5
☎ 日本語でどうぞ
台湾から 02-2568-2334
日本から 090-9534-4176
LinkBiz台湾のオフィスは、MRT中和新蘆線、松江南京駅、8番出口から徒歩3分の便利な場所です。

CTR IMG