店舗の営業時間が15時から21時の場合、どのように休息時間を設定するのがよいですか?

労働基準法第35条では、基本的に4時間続けて労働した場合には少なくとも30分の休息時間を与えなければならないとしており、この休息時間は通常労働時間には含まれません

例えば、仮にA店の営業時間が15時から21時で、従業員の労働時間が12時半から21時半であれば、従業員の休息時間を16時半から17時半とすることをおすすめします。

そうすれば、従業員は休息時間に食事をとることが可能です。

最新情報をチェックしよう!
>アクセス

アクセス

台湾威凌克股份有限公司
(ベンチャー・リンク台湾)
台北市中山區松江路158號8樓之5
☎ 日本語でどうぞ
台湾から 02-2568-2334
日本から 090-9534-4176
LinkBiz台湾のオフィスは、MRT中和新蘆線、松江南京駅、8番出口から徒歩3分の便利な場所です。

CTR IMG