平日の残業代はどのように計算しますか?

労働時間について、労働基準法第30条では以下のように規定しております。

正常労働時間は1日8時間を超過してはならず、1週間で40時間を超過してはならない。

また、労働基準法第32条において、残業については以下のように規定しております。

延長労働時間と正常労働時間の合計が1日12時間を超過してはならない。
また延長労働時間は1ヶ月46時間を超過してはならない。

したがって、労働者が平日1日8時間、週40時間を超えた場合には、労働基準法第24条に基づき、雇用主は残業代を手当てする必要があります。

労働基準法第24条では、残業代基準について、以下の2点を定めています。

(1)延長労働時間が2時間以内
→平日の1時間あたりの賃金の1と1/3以上を加算

(2)2時間の労働後も更に延長労働
→平日の1時間あたりの賃金の1と2/3以上を加算

以下では、ある市内のラーメン店で働くKさんを例に平日に残業した場合の残業代計算方法をご紹介します。

なおKさんは月給36000元で時給に換算すると150元です。

計算式:
36000(月給)÷30(1ヶ月)÷8(1日の正常労働時間)=150(1時間あたりの賃金)

例1

ある平日、Kさんは2時間の残業をしました。

したがって、延長労働時間は2時間以内のため、労働基準法第24条に基づき、2時間の残業分の賃金については「平日の1時間あたりの賃金の1と1/3以上を加算」する必要があります。

計算式は以下のようになります。

計算式:
150(平日の1時間あたりの賃金)×1と1/3×2(残業時間)=400(2時間の残業代)

つまり、雇用主はKさんに400元の残業代を支払わなければなりません。

例2

ある平日、Kさんは4時間の残業をしました。

したがって、最初の2時間については「平日の1時間あたりの賃金の1と1/3以上を加算」し、残りの2時間については、労働基準法第24条に基づき、「2時間の労働後も更に延長労働」しているため、「平日の1時間あたりの賃金の1と2/3以上を加算」する必要があります。

計算式は以下のようになります。

計算式:
150(平日の1時間あたりの賃金)×1と1/3×2(最初の残業時間2時間分)+150(平日の1時間あたりの賃金)×1と2/3×2(2時間の労働後に延長した2時間分)=900(4時間の残業代)

つまり、雇用主はKさんに900元の残業代を支払わなければなりません。

最新情報をチェックしよう!
>アクセス

アクセス

台湾威凌克股份有限公司
(ベンチャー・リンク台湾)
台北市中山區松江路158號8樓之5
☎ 日本語でどうぞ
台湾から 02-2568-2334
日本から 090-9534-4176
LinkBiz台湾のオフィスは、MRT中和新蘆線、松江南京駅、8番出口から徒歩3分の便利な場所です。

CTR IMG