【台湾ワーホリ】台湾政府による短期停留ビザの延長措置にワーホリビザ(3月21日前に入国)も含まれていました

こんにちは、藤縄です。

最近一気に冷えこんできてコートを着込む人が多くなってきました。

私がきたのは、1月6日。この頃コロナという文字はなく平和に出入国ができた時期でした。

冬が近づくと、ワーキングホリデーももうすぐ終わるんだなと感慨に耽ることも増えました。

話は変わりますが、こういう仕事をしていると、ビザの有効期限について、移民署(台湾の入国管理局)から度々入ってくる停留ビザの延長措置のお知らせを皆さんにお伝えする機会も少なくありませんでした。

事の発端は、自分が抱いたある疑問からでしたが、結果的にワーホリビザも期限の延長措置が入っているという結果が得られましたので、これについてお話したいと思います。

 

ワーホリビザの滞在有効期限について

本来台湾で発給されるワーホリビザは、台湾現地に180日間滞在でき、ビザ失効期限15日前から受付可能となる延長申請をすれば最長で360日間台湾に滞在することが可能となるマルチ停留ビザです。

しかし、あくまでも最長で360日、それ以内に帰国しなければいけなく、例外はないものと思っていただいていいでしょう。

私も6月末にワーホリの期限延長の申請をしに移民署へ行き、延長申請をしてもらいました。

この時捺印された有効期限のスタンプが以下のものとなります。

きちんと有効期限のスタンプが押され、つい先日まではこの日までに日本に帰らなければいけないと思っていました。

 

藤縄
この時すでに帰国のチケットすら買っておこうかなと悩んでいた最中でした。

 

台湾の停留ビザの延長措置について

移民署中文網より

今回、ネットにも何も情報がなく疑問に思ったのがこの台湾停留ビザの延長措置に関する内容。

条件を満たしていれば出国期限が延びるという旨が書いてありましたが、ワーホリビザ(打工度假簽證)については何も情報がありませんでした。

ビザの延期措置については、簡単に3月21日以前に台湾へ入国し、180日以上合法的に滞在している人が対象となります。

ノービザでも過去にビザの自動延長措置を受け、180日以上滞在している場合は、こちらの延長措置も適用されます。

一般的に、ワーホリビザも延長すれば180日以上合法的に滞在できるビザですので、延長措置の対象になっていると思い、今回ワーホリビザもこの停留ビザの延長対象になっているのか電話で移民署に問い合わせた後、直接移民署へ行って確認することにしました。

 

移民署に連絡する

移民署に電話をすると、まず、入国時期と旅券番号(パスポートナンバー)について聞かれたので、答えると番号を照合して現在のパスポート期限を教えてくれました。

話によれば、10月15日に4度目の停留ビザの延長措置があったということで、それに伴って、帰国期限も4月30日いっぱいになっているということです。

11月に5度目の延長措置があれば、また1ヶ月延びるだろうという回答も得られました。

ここで100%のまだ確信が持てなかったので、移民局に直接行って印鑑を押してもらうことにしました。

 

直接移民署へ

電話後、直接移民署へ。

基資表を発給しに行った時、ワーホリビザの延長申請しに行った時に続き今回で3回目の移民局訪問となります。

この日はとても空いており、整理券をとったらすぐに窓口へ行ける状態でした。

入り口付近では、防疫対策として来客者に対して健康確認をしておりました。

これは私が7月にワーホリビザの延長手続きをしていた時にも行われていました。

しばし待つとすぐに順番がきました。(前回は3時間近く待ったのに……)

窓口で受付の人に事情を話し、改めて新しい出国期限を捺印して欲しいとお願いしたら、すぐに新しい出国期限が記されたスタンプを押してくれました。

新しい印章に記された出国期限は4月30日

これで晴れて私も12月いっぱいで出国する必要がないことが確認できました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この度は、停留ビザが延長されているならワーホリビザも延長措置の対象に入っているのではないかという疑問から、移民署に問い合わせた結果、目に見える形で出国期限が延びていることが確認できました。

台湾のワーホリは例外なく1年で終わるという先入観から今までビザが延長されている事実に気づくことはできませんでしたが、今回、このようにビザ期限が延びていることを確認できたということで、今後停留ビザの延長措置が公布された時に、迷わず済みそうです。

3月21日以前の入国者のみが対象とはなりますが、この情報が多くの人に役立っていただければ、私といたしましても嬉しい限りです。

 

※追記

私がこれに関する情報を提供した知人によると、2月に台湾へ来たワーホリの人のビザが延長されていないという情報も入ってきていたので、ワーホリビザの延長後の出国期限については、まず自分で移民局に問い合わせ、疑問があれば移民署に直接訪問することをお勧めいたします。

 

 

台湾ビジネスサポートやワーホリブログなどに関するお問い合わせやご質問につきましては、以下のフォームからお願いいたします。

 

お問い合わせ

最新情報をチェックしよう!
>アクセス

アクセス

台湾威凌克股份有限公司
(ベンチャー・リンク台湾)
台北市中山區松江路158號8樓之5
☎ 日本語でどうぞ
台湾から 02-2568-2334
日本から 090-9534-4176
LinkBiz台湾のオフィスは、MRT中和新蘆線、松江南京駅、8番出口から徒歩3分の便利な場所です。

CTR IMG