台湾探索記第6弾「台湾のお盆!中元節でお供えするお菓子の中身を食べ比べてみた」

こんにちは、藤縄です。

台湾では、8月22日より台湾の一大イベントである中元が始まっています。

中元の時期になると、人々は先祖や霊を迎える準備を始め、お菓子や飲料、線香を買い備えます。

この時期は、中元用のお菓子詰め合わせも販売されます。

今回は、そんな中元節に販売されたお菓子をスタッフ食べ比べてみましたので、この事について書いていきたいと思います。

 

台湾の中元節について

 

台湾では旧暦の7月「鬼月」と呼び、旧暦7月1日に「鬼門」(冥界の扉)が開き、1ヶ月間、先祖や霊が現世に戻ってくるとされています。

この時期、台湾の人々はこうした霊達を供養するために、御供物をする「普渡」と言う儀式を行い、戻ってきた霊達に満足してもらって、安心して帰ってもらうそうです。

こう聞くと、日本のお盆とも考え方が共通していて、親近間のある行事のように感じます。

ちなみに、今年は9月2日(旧暦7月15日)が中元節でした。

 

今回食べ比べたのはこちらのお菓子

 

今回、食べ比べたのは『華元XXL巨無霸分享包』。

華元というのは台湾のお菓子メーカーで、多くのお菓子が製造され、台湾全国で販売されています。

今回、この袋を選んだ理由は、中元用の袋の中で一番大きくプレッシャーを感じてしまったからです。😅

ちなみに、分享包とはシェア用パックという意味になります。

大袋を開けると、以下のような感じに。

 

袋の中には、5種類のスナック菓子が2袋ずつ、合計10袋と特製カバンが入っています。

値段は349元と、スナック菓子としては割高ですが、こちらのカバン、作りが結構しっかりしておりまして、限定版として250元以上でも売れるんじゃないかなぁと言う出来でした。

 

① 甜卡力

 

最初に食べたのは甜卡力。

甘いひねり揚げのようなお菓子で、食べ応えがありました。

 

②鹹蔬餅

 

次は鹹蔬餅。

軽いスナックで台湾の麺線のような味。

ビールなどに合いそうだなと思いました。

 

③真魷味

 

3番目は真魷味。

こちらは台湾で非常に人気のお菓子で、いかと甘いソースの味がするスナックです。

多くの台湾人スタッフがこちらのスナックをとても推しておりました。

とってもジューシーでビールなどに合うかもと思いました。

台湾のスナック菓子のお土産と言ったら、こちらを持っていけば喜ばれると思います。

 

④玉黍叔

 

4番目は玉黍叔。

とんがりコーンみたいなビジュアルのお菓子。

味は優しい塩味(これはハンバーグ味らしいけど)で、まさに台湾のとんがりコーン。

とんがりコーンを知るスタッフからは完全に「指にはめるアレで日本にもあるでしょ」扱いでした😂

 

⑤波的多洋芋片

 

最後に波的多(焼き牡蠣味)。

スナックの形状は普通のザク切りチップスの様な感じ。

味の方はスパイスが効いて濃厚で美味しかったです。

個人的に一番美味しいと思ったのはこれです。

 

食べ比べの結果……

 

気になるスタッフによるお菓子の人気投票について。

スタッフによる食べ比べの結果、一番人気のあるお菓子は5番の波的多(焼き牡蠣味)に決まりました。

確かに、スパイスの効いたクリーミーな味わいは人気出ること間違いなしでしたね!

自分は台湾のスナックは、オーソドックスなポテトチップスしか食べたことがなかったので、どのお菓子も新鮮味がありました。

日本では食べられないタイプのお菓子ばっかりだったので、皆様も台湾に来られる時はぜひ御賞味くださいませ。

 

 

最新情報をチェックしよう!
>アクセス

アクセス

台湾威凌克股份有限公司
(ベンチャー・リンク台湾)
台北市中山區松江路158號8樓之5
☎ 日本語でどうぞ
台湾から 02-2568-2334
日本から 090-9534-4176
LinkBiz台湾のオフィスは、MRT中和新蘆線、松江南京駅、8番出口から徒歩3分の便利な場所です。

CTR IMG