台湾最大の服飾市場:五分埔服飾広場

みなさんこんにちは
LinkBiz台湾事務局です。
LinkBizブログではアジアで活躍する皆様におすすめ情報を発信しています。

今回のテーマは【台湾最大の服飾市場:五分埔服飾広場】
台湾の様々な衣料品が集まる巨大な市場です。
もしかしたら、掘り出し物が安く買えてしまうかもしれませんよ。

五分埔について

清の時代(1636年から1912年)、この辺りには「平埔族(へいほぞく)」と呼ばれる台湾の原住民が住んでいました。1769年に福建省から「何、周、沈、杜、李」の5つの姓を持った家族がここへ移り住み、この土地を買い取り開拓していきました。そこから「五分埔(5つの姓に分けられた福建人家族と平埔族が住む場所)」という名が名づけられたそうです。当時は貧しい地域だったため、人々は経済発展のために、下着や子供服、作業服などの衣料用品を加工生産し、販売を行っていたそうです。それが、今では1000軒以上にも及ぶ衣料店が集まる台湾で最大の服飾問屋街になり、香港やタイ、韓国、シンガポールなどアジア各地からの最新流行ファッション服も集まっています。

駅からも近く、板南線「後山牌」の1番出口から「五分埔商圏」と書かれた標識に従い歩いて行けば、すぐに到着します。

街の一角が全てお店になっており、何百とあるお店が巨大な服飾街を形成しています。

五分02

買い物の聖地!

ここでは服はもちろん、靴やベルト、バッグやアクセサリー類などなんでもそろっています。
週末ともなれば、歩くのが困難なほど人が集まってきます。

以前はレディースのお店が多かったようですが、現在はメンズファッションを取り扱うお店も多く存在します。

五分03

個人的には右から2番目のマネキンのコーデがお気に入りですね(笑)

ここは多少の値段交渉ができる場所です。
以前と比べると、値下げはあまりされなくなったと聞きましたが、挑戦する価値はあるのではないでしょうか?

まず、値段を聞く時は「多少錢?(ドゥオ シャオ チエン?)」と聞いてみて下さい。
そして、値切る時は「有點貴(ヨウ ディエン グイ)」、「可以便宜點嗎?(クーイー ピエンイ ディエン マ?)」と言ってみてください。
この言葉の意味は「ちょっと高いね、少し安くしてくれない?」という意味です。

これでどこまで値段が下がるかは、挑戦者の根気と店長の機嫌の良し悪し次第です!

五分04
これくらい笑顔なら、値下げを十分期待できるでしょう(笑)

一例として、私の友人が買った裏地が非常に派手な男物のヒョウ柄ジャケットですが、これ一着で290元だったということです!
見た所質も悪くない感じでした。
セール商品だったこともありますが、それでもこのジャケットで290元は非常に安い!
五分埔では、セールをしている店もよく見かけますので、季節の変わり目には顔を出してみるのもいいかもしれません。

面白い服を見かけたり、変な店を見つけられるかもしれませんよ。
例えば、
五分06
このようにマネキン全てがカラフルなアフロ頭のお店もありますし、もっとパンチの強いものも有りますので、ぜひ探してみて下さい!

午前は注意!

ここ五分埔服飾広場は1つ注意点があります。
それは必ず午後から来ることです。

これは、特に午前中は来てはいけないというルールがあるわけではなく、単純にお店が空いていないのです。

私も一度早めに行って、買い物を済ませようと思い、午前に五分埔に来たことがあります。
その時に見た光景がこちらです。
iPhone photo4 063

人が集まる午後に対して、午前はただのゴーストタウンです。
ゴミも少し落ちていますし、活気も何も無い状態です。

近所の人に聞いたところ、店が開くのは午後1時前後からだそうです。
私はこの日は急遽カフェで2時間時間を潰すはめになりました。
楽しい買い物をする前にメンタルをやられてしまうようなことにならないためにも、みなさんは午後1時を目安に買い物に出かけましょう!

以上

最後までお読み下さり、誠にありがとうございました。

ご意見ご感想をいただけると励みになります。
info@linkbiz.tw

 

最新情報をチェックしよう!
>アクセス

アクセス

台湾威凌克股份有限公司
(ベンチャー・リンク台湾)
台北市中山區松江路158號8樓之5
☎ 日本語でどうぞ
台湾から 02-2568-2334
日本から 090-9534-4176
LinkBiz台湾のオフィスは、MRT中和新蘆線、松江南京駅、8番出口から徒歩3分の便利な場所です。

CTR IMG