【輸出トラブル】日本国外で2020年1月にリコール対象となった海外製品について

2020年1月1日~2020年1月31日の期間中に、海外でリコールとなった製品の情報と、リコールの原因については以下の表の通りです。

リコール対象には、それぞれ、玩具、運動用品、刺青のインク、化粧品および子ども用品などが含まれています。

 

類別製品写真通報国原産国リコールの原因違反法規
おもちゃスウェーデン不明おもちゃのスライム中のホウ酸(1097㎎/kg)が溶け出る。EN 71-3
運動用品スウェーデン不明製品に短鎖塩素化パラフィン1.3%(SCCPs)が含まれている。POPs条約
刺青のインクイタリアアメリカ製品に以下の成分が含まれている。
・1-アミノ-2-メトキシベンゼン(10.3㎎/kg)
・バリウム(324㎎/kg)
・カドミウム(0.33㎎/kg)
Resolution ResAP (2008)1
化粧品ノルウェーインド製品にヒドロキノン0.01%が含まれている。化粧品法規
化粧品リトアニアラオス製品にフェノキシエタノール1.4%が含まれている。化粧品法規
化粧品アイルランドパキスタン製品から以下の細菌が検出されている。
・8.5*10^4CFU/gの好熱性細菌および緑膿菌
・酵母菌及びカビ菌
化粧品法規
化粧品オーストリアインド製品にp-フェニレンジアミン7.6%が含まれている。化粧品法規
子ども用品カナダオーストラリア製品の塗装の中のバリウムの含有量が法規を超過している。消費者製品安全法(カナダ)
おもちゃハンガリー中國おもちゃの眼球部位が取れやすく、なおかつ小さい。
子どもが誤飲して、窒息する可能性がある。
EN 71-1

(Intertek taiwan様より提供された資料を参考に作成)

 

日本から海外にものを輸出・販売する際にも、国際条約や海外の法律に触れてしまうと、取り扱っている製品がリコール対象になってしまうことは例外ではありません。

貿易業務をお考えの際には、国際的にどのような条例があるか、また、輸出国の法律に触れることはないかなどを考慮する必要があります。

 

LinkBiz台湾では貿易業務に関するご相談や業務代行も承っております。業務に関するお問い合わせやご質問につきましては、LinkBiz台湾専門サイトのお問い合わせフォームからお願いいたします。

 

お問い合わせ

最新情報をチェックしよう!
>アクセス

アクセス

台湾威凌克股份有限公司
(ベンチャー・リンク台湾)
台北市中山區松江路158號8樓之5
☎ 日本語でどうぞ
台湾から 02-2568-2334
日本から 090-9534-4176
LinkBiz台湾のオフィスは、MRT中和新蘆線、松江南京駅、8番出口から徒歩3分の便利な場所です。

CTR IMG