TADTE 2019「台北國際航太暨國防工業展」と DRONE TAIWAN 2019「台灣無人飛行載具展」

8月17日、「TADTE 2019」と「DRONE TAIWAN 2019」に行ってきました。

TADTE 2019「台北國際航太暨國防工業展」は台湾軍が所蔵している兵器の紹介と展示、
アメリカの軍事関連起業の展示、ミリタリーグッズの販売が行われていました。
DRONE TAIWAN 2019「台灣無人飛行載具展」は、最新ドローンの展示と操縦体験が行われていました。

TADTE 2019「台北國際航太暨國防工業展」
台湾軍の戦闘機や戦車、装甲車が展示されていました。
銃の訓練も体験できます。ARやVRでの訓練ですが、体験したい方がたくさん並んでいました。
フライトシュミレーターも体験できます。ヘリコプターを操縦した気分になれます。

AR

民間企業の展示ブースもあります。
台湾企業は、過酷な環境でも使用できるPCや通信設備を展示していました。
台湾軍のグッズ(キーホルダー、模型)を販売するブースはミリタリー好きな方で大盛況でした。

shop

アメリカの軍事関連企業も多く出展
軍で使う装備品や、銃の付属品の展示がありました。
ARなどで、体験できるブースもありましたが、なんとなく怖いので止めておきました。

DRONE TAIWAN 2019「台灣無人飛行載具展」

ほんの数年前まで、ドローンはCOMPTECHというコンピューターの展示会で、展示されていました。
今は、「台北國際航太暨國防工業展」と同時開催ですが、ドローンのだけの展示会です。

ドローンのメーカーは、少ないですが、今後は、増えていくことが予想されます。
体験コーナーでは、フェンスで囲まれたテニスコートくらいの広さの場所で実際にドローンを操縦しています。
ですが、操縦できるドローンは、小型の物で、高さも3mくらいしか、上げられません。
ドローンの利用には、厳しいルールがあるので、これも仕方のないことだと思います。
でももう少し、大きなサイズのドローンを飛ばせたら、利用者も増えるでしょう。

drone

このエントリーをはてなブックマークに追加

''''

コメント


認証コード3781

コメントは管理者の承認後に表示されます。