台湾日本人学校の入学案内

はじめに

台湾には3つの日本人学校があります。

北部に台北日本人学校(台北市)、中部に台中日本人学校(台中市)、南部に高雄日本人学校(高雄市)があります。
いずれも小学校と中学校があり、「小学部」、「中学部」と呼ばれています。

以下では各学校の入学方法についてご紹介します。

画像の説明

誰でも入学できるの?

入学するにはそれぞれの学校に条件がありますが、基本的には、以下の3つです。

日本国籍を有すること

②保護者が日本人会会員であること

日本語能力を有すること

その他、各学校によって細かな条件がありますので、各学校のホームページにてご確認ください。

入学申請手続きはどうするの?

それぞれの学校で入学申請(また編入)手続きは異なります。

台北日本人学校

まず「オンライン入学受付」を行います。

その後、学校側の指定した日に保護者同伴のもと子供と一緒に学校に行き「入学願書受付・体験入学及び新入学保護者説明会」に参加します。

<台北日本人学校入学について> http://www.tjs.tp.edu.tw/shinnyugaku/

台中日本人学校

あらかじめメールや電話等で学校側に問い合わせをし、面接日を調整します。

面接は保護者同伴のもと子供と一緒に行われます。

<台中日本人学校入学について> http://tjs.ehosting.com.tw/nyugakuannai.html

高雄日本人学校

まず子供本人のパスポートコピーと保護者の日本人会会員証コピー、そして入学申請書を学校長に提出します。

その後、学校側から入学許可を得たのち、誓約書を提出します。

<高雄日本人学校入学について> http://www.kjs.kh.edu.tw/guide.html

入学金など学校への納入金は?

入学前後には入学金や授業料などを支払わなければなりませんが、各学校によって大きく異なります。
以下は、各学校の主な学校納入金になります。

台北日本人学校

①入学金
②施設設備費   60000元
③授業料 小学部:7500元/月 
     中学部:7600元/月
④施設設備使用料 2700元/月
⑤PTA会費    300元/年
⑥教材費     6000〜15000元/年

③授業料及び④施設設備使用料については年3回(4月、9月、1月)に分けて振り込み用紙が配布されます。
また⑥教材費については、概ね上級生ほど高くなります。

台中日本人学校

①入学金 10000元
②授業料 6000元/月
③通学バス代 2500元/月(スクールバス利用者のみ)
④PTA会費 480元/年

②授業料及び③通学バス代は二カ月に一度集金が行われます。

高雄日本人学校

①入学金     30000元
②入学保証金   20000元
③授業料 小学部:7000元/月
     中学部:7300元/月
④特別積立金   600元/月
⑤バス利用料   2630元/月
⑥PTA会費    50元/月

①入学金及び②入学保証金について、同校小学部から中学部への進学時には支払いの必要はありません。②入学保証金は卒業・転学・退学時に元金が返金されます。

コメント


認証コード5273

コメントは管理者の承認後に表示されます。