まもなく開通!桃園国際空港と台北市をつなぐ「桃園捷運」

2月2日から試運転を開始し、3月2日からの正式運行が決まった「桃園捷運」。

これまで桃園国際空港から台北市内へはバスやタクシーを利用していましたが、新たに地下鉄「桃園捷運」が加わり、旅行者にとってその利便性は格段に高まりそうです。

本コラムでは一足早く「桃園捷運」について徹底解説します。

桃園捷運


「桃園捷運」の路線図

「桃園捷運」線は全部で22駅で構成されています。

下の路線図は「桃園捷運」の公式ホームページのものです。

路線図


「桃園捷運」の特徴

桃園捷運には「直達車(直通車)」と「普通車」の2種類の車両があります。

特徴は下記の通りです。

1 直達車(直通車)

車体の色:紫

車両数:5両編成(4両が乗客用、1両は荷物用)

座席数:216席

停車駅:台北車站、新北產業園區站、長庚醫院站、機場第一航廈站(桃園国際空港第一ターミナル)、機場第二航廈站(桃園国際空港第二ターミナル)

所要時間:35分以内で空港から台北市内へのアクセスが可能

運行本数:一時間に5本



2 普通車

車体の色:青

車両数:4両編成(すべて乗客用)

座席数:118席

停車駅:中壢站から台北車站まで各駅停車

所要時間:中壢站から台北車站まで70分でアクセス可能

運行本数:一時間に5本


旅行者注目のサービス!「事前チェックイン」

台北駅では、搭乗する航空機の「事前チェックイン」手続きが行なえます。

スーツケースなど荷物を預け、搭乗券の発行が可能です。

事前チェックインの流れは、

1 台北駅の「預辦登機區」に行く

2 eチケットとパスポートを持って、各航空会社の窓口で手続きし、荷物を預ける

3 X線レーダーの荷物検査を確認する

4 適当な時間の地下鉄に乗車し空港に向かったのち、航空機に搭乗

注意点として、「預辦登機區」は6時から21時半までとなっています。
遅くともフライトの3時間前には手続きを完了するようにしましょう。
また団体旅行の場合、このサービスは適用されませんのでご了承ください。


おわりに

2月2日からの試運転は無料で乗車できるとの発表がありました。
運賃は空港から台北駅まで160元とのことです。

35分で市内にアクセスでき、事前チェックインサービスもはじまり、旅行者にとっては嬉しい知らせばかりです。

より便利になる台湾に旅行してみてはいかがでしょう。

コメント


認証コード9993

コメントは管理者の承認後に表示されます。