台湾旅行者必須アイテム「悠遊カード」のあれこれ

台北MRT

悠遊カードってなに?

悠遊カード(中国語:悠遊卡、ヨウヨウカー)は、
日本でいうところの「Suica」のようなICカード乗車券です。

電車やバスなどに乗車する際、切符の代わりに使用でき、
コンビニや飲食店、娯楽施設などで電子マネーとしての利用も可能です。


どこで使えるの?

主には台北市内およびその周辺地域です。


MRT(地下鉄)、バス、レンタサイクル、フェリーなどの交通機関をはじめ、コンビニなどの支払いにも使えます。


MRTについて、以前は台北と高雄で異なるカードを使用しており、不便だったのですが、
現在その問題が解消し、高雄でも使用できるようになりました


※台湾鉄道などでも一部を除き利用可能


メリットは?

MRTの場合、悠遊カードを利用すると乗車料金が2割引になります。


台湾リピーターや旅行中にMRTを交通手段として活用するのであれば、やはり手に入れたほうがお得です。


また、MRTやバスを利用する際、切符の購入など手間を省くことができます。


どうやって使うの?

日本の「Suica」同様、チャージ式です。

チャージはMRTの駅に設置してある機械か窓口で可能です。

利用時には専用の読み取り機に「ピッ」とタッチします。


どこで手に入れられるの?

それぞれの駅構内にある専用機械、もしくは窓口(一部駅では悠遊カードインフォメーションセンターもあります)で購入可能です。


またファミリマートやセブンイレブン、ハイライフ、OKマートなどのコンビニでも購入できます。


購入には100元が必要です。
購入した時点ではまだチャージされていない状態ですので、使用前にチャージをしておきましょう。


おわりに

悠遊カードは便利でとてもお得な旅行者必須アイテムです。


またその用途や使用可能エリアも拡大し、ますます便利になっていますので、旅行の際はまず手に入れてみてはいかがでしょうか。

コメント


認証コード4216

コメントは管理者の承認後に表示されます。