台湾で会社をつくろう! 第一回 「開業まで何日かかるの?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag: 台湾 会社設立

台湾であなたの会社を作ってみませんか。

少ない資本金で会社設立したい方、自分一人で起業したい方は、必見の情報を掲載しています。

第一回目は、開業までの期間です。

リンクビズ台湾は、10年以上に渡って台湾で地に足を付けた現地ビジネスを経営してきました。私たちの成功体験と失敗体験はきっと、開業を目指す方たちのお役に立てると信じています。
是非台湾という国々を楽しみながらあなたの夢を実現していきましょう。

よく、お客様から、「台湾進出、いったいいくらかかるのですか?」と質問されます。

いくらという意味には、 「費用を問う場合」と 「期間を問う場合」があります。今回はその期間についてお伝えいたします。

設立計画期間と予算

細かい設立条件によって変わってきますが、 日本人個人の資本で台湾で有限会社を設立すると仮定します。

一般的に
会社設立は最短で、1.5ヶ月と言われています。
実際の経験上では、1.5ヶ月で終わることはありません
そもそも会社設立の完了が何を指すかという点でも違ってきます。
正味のところ、1.5か月だと登記完了まででしょう。
そこから営業許可を取るまでおよそ2週間はかかります。
ビザを取るとなると登記完了後に申請しますので、そこから1.5か月はかかります。

ですので、営業が開始できるまでという意味であれば、やはり2ヶ月は最低でもかかります。ビザをとるとなると3か月はかかると思っておいたほうがよいです。

また、この期間は全く時間のロスがないという前提ですが、 実際には 、下記のような理由で、どんどん予定が遅れていきます。

  • 中国語の会社名がなかなか決まらない
  • 営業項目がなかなか決まらない。
  • 銀行はどこがいいかわからない?
  • オフィスの登記場所をどこにするか決まらない?
  • 台湾に行こうとおもったら飛行機のチケットがとれない。
  • 日本人にはなじみのない連休で、審査期間が延期。

などなど。

もし、不慣れな進出支援会社などに業務委託していまうと、

・書類の認証
・営業項目の設定
・定款の作成
・銀行の選択や口座開設
・台湾ドルでの海外送金

といった作業を全てお客様自身で行うこととなり
時間がかかるだけでなく、書類不備でやり直しなんてことも起こります。

過去に実際に起こった事例です。

  • 営業項目の取り忘れ
  • 書類認証のやり直し
  • 海外送金の失敗
  • 銀行口座申込みの申請忘れ

トラブルに陥って、困り果てて、LinkBizに、ご相談に来られるお客様もいらっしゃいます。

今回は大まかに、日本人個人の資本による有限会社と仮定しましたが、取得する営業項目によっては、審査に時間がかかったり、許認可を必要とするものがあるため、 さらに時間がかかります。

そういった詳細も今後機会をみて紹介する予定です。次回は設立費用についてお話ししたいと思います。

「こういった条件で会社を作りたい。」といった要望がございましたら、お気軽にご連絡いただければ幸いです。

まずは、お問い合わせからお申込み下さい。その後は、スカイプでお話しいたしましょう。

会社設立相談から開業まで、なんでも、誠意をもって、お手伝いいたします。

お問い合わせ


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント


認証コード6447

コメントは管理者の承認後に表示されます。