アーリーリタイヤメントに憧れなくなりました。【野瀬正一氏@シンガポール】

人は何のために働き、また稼ごうとするのか…。シンガポールという富裕層の多い環境にいるとそのことを考えさせられる機会は数多くあります。一生食うには困らない資産を手にしているような、羨ましい方々は周りに何人もいますので、彼らをお手本に自分の生き方を見つめ直すのです。 私も以前はシリコンバレーのアメリカンドリームや、会社を上場させてキャピタルゲインでアーリーリタイヤメント…、というストーリーに憧れたものでした。しかし最近、自分の中ではその志向は減りつつあります。

その理由の1つとしてあげられるのは、まず実際に稼いできた方はほとんどリタイヤしていない、という事実です。もちろん、リタイヤしている方とは仕事で出会う機会がないという事情もあるでしょう。しかし人間、「ある程度稼いだら働くのはやめてのんびりしよう」、とは必ずしもならないようです。ステージが経営者から投資家に進むことは多いですが、挑戦者であり続けるということが成功者にとっても生きる証ということなのでしょう。こうなるとお金の為ではなく好きなことに全力で取り組めるようになるので、一段上に立って社会にも貢献できる活動が中心になるようです。それはそれで羨ましい環境です。

またもう1つの理由、私にとってはこれが主ですが、毎日の仕事が非常に充実しているということです。特に「知的好奇心を満たす」という意味で今自分がおこなっている事業は、天職と言えるほど充実しています。リタイヤしてしまうとその充実感がなくなってしまいますので、仮に一生困らないほどの資産を手に入れたとしても、今の仕事を辞める気にはならないと思います。

そして事業を始めた頃はそこまで気にならなかったことですが、時間の経過とともに自分のおこなっている事業の社会性が気になってきます。単純な言い方をすれば、興味の中心が「いくら儲かるか」から「どれだけの人を幸せにするか」に移ってくるということです。

考えてみればこれは当然のことで、初めはハングリーに自分の成功のみを追求していれば良かったのですが、お客様やスタッフなど関わる人間が増えるにしたがって、自分一人で仕事している訳ではなく多くの人の協力で成り立っていることに気づきます。そうなると、自分以外の人の幸福に目を向けるようになってきます。
世の中にはいろいろなビジネスがあります。ITや金融システム等を駆使して最少人数で多くの利益を得られる事業も少なくありません。自分の頭1つ・腕1つで稼げる機会が増えました。そのような稼ぎ方をすると、人と関わらずとも安定した収益を得ることも夢ではありません。

しかしそれだけでは何か虚しさを感じます。お金を稼ぐというのは大なり小なり社会から利益を得ている訳ですから、もっと何か社会に貢献したい。実際にアーリーリタイヤメントを実現した成功者でも、何人も戻ってきている人を知っていますが、お金だけではなかなか人間の幸福を埋めることはできないのかしれません。そして人生でその境地に立つことができた人は幸福であると思います。

著者紹介

野瀬 正一氏
WCC SOLUTION PTE. LTD.代表

野瀬正一氏

シンガポール永住権保持者
早稲田大学卒業後、東京で飲食店経営や人材ビジネスなどに携わるも、ことごとく逆風に遭う。
時代の流れには逆らえぬとアジアに出ることを決意し、シンガポールに渡る。
現在はコンサルタントとしてシンガポールへの進出サポートおよび店舗開店支援、また実業としてレンタルオフィスや店舗経営などをおこなっている。
50社ほどのクライアントと日々シンガポールおよびアジアマーケットに挑戦中。

コメント


認証コード9959

コメントは管理者の承認後に表示されます。