台湾ワーホリ日記第六弾です!!

はじめましてですね!
先週に台北に来て、ここLINKBIZ台湾でインターンシップをさせてもらっており、このワーホリ日記を引き継がせていただきました、水谷と申します!

まだまだ働き出して一週間もたたない新参者ですが、これから台湾という人生初の地で尽力していきます!

とはいえ、最初から苦労の連続ですが(笑)
その苦労の体験談が後の方々に役立つよう、ここに綴らせていただきます。つたない文章かもしれませんが、ぜひお付き合いください!

部屋探し

部屋探し!
ワーキングホリデーの期間中にしっかりと働くためには、安心して休める自らの拠点が必要です。
が、私の最初の大きな苦労こそこの部屋探しでした。。

基本的に、台湾で部屋を探すなら「591」というサイトで探すのが一般的です。
不動産はあまりお勧めではありません。

というのも、不動産は物件を貸すのではなく、売るというスタンスが強いのです。それに仲介料もバカになりませんしね。。

そこを、591なら借りたい物件の大家さんの電話番号がのっており、直接電話で交渉できますから、仲介料を取られる心配はありません!(番号のとなりに「仲介or代理人」と書かれている場合は注意)

室内の写真も載せてはいますが、写真通りのところは少ないと思うので、少なく絞って探すよりも、見に行けるところは時間の許す限り見に行くことをおすすめします。

また、祝日に電話しても出てくれない大家さんが多いので注意です。私も部屋探し中は運悪く中秋節という三連休中で、誰も出てくれませんでした(汗)

部屋は複数種類がありますが、基本的にワーホリ組が探すのは「獨立套房(一人で住める部屋)」か「雅房(複数人で共有の玄関、シャワートイレ等と自分自身の部屋)」のどちらかでしょう。
私は少し割高になりますが、ゆっくりしたいので獨立套房にしました!

今は一日の疲れをしっかり癒して、次の日を頑張れる部屋の環境作りを考え中です(笑)

今日の中国語講座

今回触れる部分は台湾と大陸の中国語の違いです。
私も北京で留学し中国語を学んでおり、あちらでは普通に話せていたのですが、台湾は少し勝手が違いやや苦労しています(汗)

まず発音が大陸側の中国語と少し違うのです。
shiやchiの発音がsiやciになっていたり、、、
単語も例えば、「連絡する」も大陸の中国語なら「联系 lian2xi4」ですが、台湾では「聨絡lian2luo4」となります。

大陸の中国語しか学んでいない方(今はそのほうが多いとおもしますが)が台湾に来られる際は事前に多少予習したほうがいいかもしれません。

きょうのひとこと

iPhone P 376
デカデカと写真をのせてしまいましたが、台北で懐かしいお菓子に出会いました!
台北の友達が「コレ、日本のだろ?」をくれたのがこの懐かしのブラックサンダーです!

聞くところによると、台湾で人気なようなのです^^
大学生時代にお金が無い時に、昼ごはん代わりにこの子にお世話になってたのも、何年前か。。

とにかく!懐かしい限りでした^^!

コメント


認証コード3516

コメントは管理者の承認後に表示されます。