シンガポールにコワーキングスペースをオープンしました【野瀬正一氏@シンガポール】

4月15日、シンガポールにコワーキングスペース、Coworking Suite SQEA@Orchard(コワーキングスウィート・スクエア・アットオーチャード)をオープンいたしました。
「コワーキング」は比較的新しい働き方のコンセプトとして、日本では認知が広がってきていますが、シンガポー ルではまだ一般的ではありません。

私が今回、「コワーキング」をやりたかった理由はいくつかあります。
まず、日本では長らく「組織」が「個人」より先に来る文化でした。
それは今でも変わっていないかもしれませんが、シンガポールのような海外に来ると、会社の垣根を越えた交流というのは当たり前になってしまいます。
日本ではなかなか会えないような大企業の幹部やアーティストであっても、気軽に席を囲めてしまう、海 外におけるそんな現象に新鮮さを覚えたからです。

「コワーキング」という単語をインターネットで調べると、デザイナーやIT企業家などのイメージで扱われているケースも多いようですが、
私たちの描いているものは、よりco-workという語源に近い「共同で働く」という概念であり、業種も様々になります。
今まで事業として日本企業の海外進出をサポートしてきましたが、
海外に出て来るということはそもそも日本で優秀な実績を持った会社であることが多く、各々の得意分野を組み合わせると世界にも通用するようなアイディアや技術を持っていることが多いのです。
それを有機的に組み合わせることによってビジネス の可能性は大きく広がるのではないか、そう考えています。
私たちのシンガポールにおけるネットワークと、日本人・企業が本来持っている経営リソースをマッチさせれば、よりスムーズに進出が進むと考えています。

もう1つの理由は、経済の先行き不透明な世の中になって、ワーカーは将来への不安を強く持つようになっています。
会社においては組織として働くことを余儀なくされますが、自分自身の将来を考えた時に、会社の枠をはずれても生きていく実力を身に付けたい、というニーズが高まっています。
そして「会社の一員としての自分」と「個人事業家としての自分」の両立を模索した時に、会社の枠組みを越えた交流、というのは止めることのできない大きな潮流だと感じているからです。

これらの要素を組み合わせ、かつ海外で心細い環境であることを考えると、コワーキングスペースをやるべきと私は考えるに至りました。
スムーズなシンガポールの拠点作りに、ぜひお役立てください。

著者紹介

野瀬 正一氏
WCC SOLUTION PTE. LTD.代表

野瀬正一氏

シンガポール永住権保持者
早稲田大学卒業後、東京で飲食店経営や人材ビジネスなどに携わるも、ことごとく逆風に遭う。
時代の流れには逆らえぬとアジアに出ることを決意し、シンガポールに渡る。
現在はコンサルタントとしてシンガポールへの進出サポートおよび店舗開店支援、また実業としてレンタルオフィスや店舗経営などをおこなっている。
50社ほどのクライアントと日々シンガポールおよびアジアマーケットに挑戦中。

コメント


認証コード3463

コメントは管理者の承認後に表示されます。